〒722-0046 広島県尾道市長江2丁目10-34
 Tel:0848-37-4945/Fax:0848-37-4393
 E-mail:minamiko@city.onomichi.hiroshima.jp

ご挨拶

広島県尾道南高等学校校長 宮﨑 了昭


   広島県尾道南高等学校は,大正9年,尾道の名誉市民山口玄洞翁の篤志によ
 り,尾道市立実業補習学校として創立され,尾道商業実務学校、尾道市立明徳
 商業学校,そして戦後の学制改革で尾道市立明徳高等学校,広島県尾道南高等
 学校と改称し現在に至っており,商都尾道を中心とした地域の発展に多大な貢
 献をもたらす優秀人材を輩出し続け,創立百周年を間近に控えた,歴史と伝統
 のある学校です。

  校訓の『明明徳』は,『人間の徳は,本来は明るく輝くものであるが,努力を怠るとその輝きがかすんだり隠れたりしてしまう。したがって,それがいつも明るく表れるように努めていくのが人の道であり学問である。』という意味であり,本校建学の精神として今日に語り継がれています。

 ゆっくりと少人数で学び直せる夜間定時制のメリットを最大限に活かし,生徒個々の生活環境や教育的ニーズを踏まえて,生徒の本心に寄り添い励ましながら,自己肯定感や有用感を培う学校でありたいと考えます。

そのような取組を通じて,『利他の精神を尊び,他者の幸せを自らの喜びとして自律的に生きていける人間』,『進んで人と交わり理解し信頼し合える人間関係を築き,励まし合いながら生きる(生かされる)ことに感謝し喜び,協働して新たな価値(未来)を創造していける人間』を丁寧に育むことが本校の使命であると認識しています。

この時,生徒の就労や社会参加を支援して生活意欲を高め,これを学習意欲に繋ぎ,教育的支援の観点に立った取組を組織的・継続的に展開することが夜間定時制では肝要であり,『この様に教えたい・学びたい』というアイデアや工夫が校内のあらゆる所から生まれ,これを皆の力で具現しようと挑戦し続ける学校風土の醸成が不可欠です。

 まずは,『学校教育の根幹は授業である』という共通認識のもと,生徒が「尾道南高校は授業で勝負する学校です。」と胸を張って言えるよう,『生徒が途中であきらめない,考え抜き動き続ける授業創り』を推進して『自律的学習能力』を育てる学校を目指します。

 同時に,南高祭や尾三地区高等学校定時制生徒会連合会の活動など,地域や他校と連携・交流する教育内容を更に充実させて『社会人基礎力』の育成を図るとともに,開かれた学校づくりを進めます。

生徒は今日も「明明徳」の教訓を胸に,自らの在り方や生き方を問いながら,自己の可能性を信じ,仲間とともに将来の自分の目標に向けて日々歩みを進めています。生徒が誇りに思える学校,学んで良かったと思える学校を創るため組織の総力を結集して邁進する所存です。

 今後とも御支援を頂きますようお願い致します。




 
 トップ学校の概要教育活動計画・評価学校行事入学希望の方事務室交通案内

(C) 2014 Onomichi Minami High School